友人からお金を借りる場合の念書の書き方!

毎日の生活で必要なものの一つとして、お金があります。労働をしていれば、ある程度稼ぐことができるので、それを生活費に充てることができます。しかし、場合によってはお金が足りなくなることもあります。お金がないと生活が立ち行かない状態になってしまうのなら、どこかに借り入れをお願いする方法もあります。人からお金借りることもできるのですが、金融会社などから借りるということもできます。
金融会社からお金借りるのもいいのですが、気軽に借りることができるのは知り合いなどに借りる方法になることでしょう。ただ、知り合いなどに借りることいなると、あとで揉めることがないように念書などを書くようにします。お金を借りる際には念書を記入して、返済までできるようにしたいものです。
そこでお金を借りる際の念書として、返済をしっかりしていくこと、つまり借金返済の約束を記す借用書を書いていくことになります。お金を借りるときの文面の内容としては、借りた日付や借り入れ金額、返済期日、利息や返済方法、遅延損害金、貸主と借主の氏名や住所、署名や捺印などを入れることになります。
念書に記入する金額というのは改ざんができないように漢数字、特に一は壱、二は弐、十は拾というようにしておくと、桁を増やしたりされることがないので、気をつけて記入するといいでしょう。お金を借りるというのは返済の義務が発生することになるので、たとえ仲のよい友人であってもうやむやにならないようにするべきです。