消費者金融から借り換えするときの注意点

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、現在のカードローン金利は銀行の方が低くなっているものの、消費者金融の金利も低目になっているケースが多くあります。
特に大手の消費者金融の金利は従来の金利と比較をしても、低金利になっていますし、審査が銀行と比較した場合、緩めなどの理由からも利用する人が多くなっています。
しかしながら、従来からお金を借りている人にとって、金利差は大きな負担になります。
これは毎月の返済に上乗せされる利息が多くなるからで、借り換えを考える人も少なくありません。
但し、借り換えを行う時に注意しなければならない事は、お金を借りている金利が利息制限法で定められている金利よりも高い場合は過払いが発生している可能性がある点です。
利息制限法で定められている上限金利を超えた金利でお金を借りている場合、この金利は違法であり過払い請求を行う事で今まで支払い続けていた過剰な利息を取り戻す事が出来るようになっています。
仮に、これを知らずに借り換えを利用してしまえば、今まで余計に支払った利息を取り戻すチャンスが失われてしまう可能性も出て来ます。
また、消費者金融の借金を銀行のカードローンを利用して借り換えする時は、カードローンの利用使途の中に借り換え資金として利用が出来るものを選ぶ必要があります。
銀行のカードローンの大半は事業性資金として使用が出来ませんが、借り換えとして利用出来ないカードローンもあるので事前に確認しておくと良いでしょう。

消費者金融ランキングはこちら